*3coinsのインテリアシートでゴミ箱をナチュラルテイストに*

我が家のキッチンです。
ある日ふとキッチンを見渡してみると・・・
1496632174956.jpg
ゴミ箱の蓋の水色が目立つ!と気になりだし。
蓋をを木目調にしたら全体的にしっくりくるかな、と100円ショップや300円ショップで見かけるインテリアシートを使ってイメージチェンジしてみることにしました。

1496193051547.jpg
3coinsで買ったインテリアシート。
“どこかに使えそう!”としばらく前に買ったものの、使わずしまってありました。

1496632203938.jpg
広げてみるとこんな感じです。
100円ショップの物は買ったことがないので、比べてはないのですが、3coinsで買ったこちらは厚みがあってしっかりしている印象です。
まずは、“ゴミ箱 リメイク”で検索し、いろいろなブログにお邪魔して貼り方を調査。
みなさん、素敵にリメイクされていて勉強になります。

今回使った道具はこちら。
1496632227327.jpg
*はさみ *カード(空気が入らないように貼るために使います) *ドライヤー

1.蓋の汚れを拭き取る
1496632262181.jpg
ホコリや汚れが残っているとシートと蓋の間に空気が入ってしまったり、シートが付きにくかったりするとのこと。
マイクロファイバーのタオルで拭くと、汚れが綺麗に拭き取れました。

2.シートを蓋のふちまで覆える大きさにカットし、貼っていく。
1496632325397.jpg
ジャストサイズでカットすると、貼っていく間にずれてしまった際に足りなくなってしまいそうだったので。
少し大きめにカットしました。
1496632345316.jpg
カードを使って、空気を押し出しながら貼り進めていきます。
(もし、空気が入ってしまった時は、針で穴を開けると空気が抜けます)

3.ふちの部分を貼り付ける。
1496632394260.jpg
ここでドライヤー登場!
シートを凹凸のある場所に貼り付けたいとき、ドライヤーが良いそうです。
温風を吹き付けると、シートが柔らかくなり貼りやすくなります。
(あまりやりすぎると溶けてしまうので注意!)
1496632419812.jpg
ふちの形に合わせてカットしながら貼っていきます。
1496632439233.jpg
余った部分は中へ折り込みます。
蓋が閉まるか確認しながら進めていくといいと思います。閉まらなかった場合は折り込まずにふちの端に合わせてカットします。

★完成!!
1496632469411.jpg
木目調になり落ち着いた雰囲気に。
シートに厚みがあったからか、空気が入ってしまうことはほとんどありませんでした。

キッチンに置いてみます。
*Befor
1496632174956.jpg

*After
1496632493198.jpg
おぉ~!!!
素敵な感じに仕上がりました。
棚やカップボードとも合っています。

インテリアシート、初めて使ってみましたが楽しいですね!
他にも・・・
1496193020112_1.jpg
こちらの椅子の脚や、
1496634031920.jpg
引き出しの天板などなど・・・。
シートを貼ってイメージチェンジしてみたいものが色々あるので、近々またチャレンジしてみたいです!



にほんブログ村


*デカフェやカフェオレ専用も。私もお試しセットを頼んでみました。香りもよくとっても美味しいです^^
お試しセットは送料無料【INICコーヒーストア】








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック