*リバティの端切れと100円フレームで、トイレの壁を飾りました*

1496062801850.jpg
昨日ご紹介した、我が家の端切れたち

この中から、リバティの生地と
1496062831785.jpg
こちらの100円ショップで集めたフレームを使って、トイレの壁を可愛くしてみることにしました。

端切れをどのフレームと合わせるか、あれこれ布をあててみます。
1496062858652.jpg
先日、引っ越し祝いでLAURA ASHLEYのトイレマットセットをいただきました。
落ち着いたピンクのマットやスリッパ・・・ということで、合わせる布もオフホワイトやピンク系がいいかな、と考え・・・
↓こんな感じで3種類作ってみました。

1496062950167.jpg
まずはメインに。
リバティの“SleepingRose(スリーピングローズ)”です。
淡いピンクがなんとも素敵です。

そして、ミニフレームには、
1496062924437.jpg
こちらもリバティの“Capel(カペル)”と、

1496062897470.jpg
オフホワイトのこちらの布を。
立体的な織り方の生地で、リボン柄のようにも見えます。

1496063010037.jpg
フレームの裏側はこんな感じです。
生地をはさんで留めただけです。
ミニフレームは本当にミニサイズなので。もう使い道がなさそうだ・・・と思っていた端切れが活躍してくれました。
さぁ、この3つのフレームをトイレの壁に飾っていきます。

トイレの壁の前で、フレームをあれこれ組み合わせてみます。
トイレに座ったときにどう見えるかもチェックしながら、高さも決めていきます。
1496193129019.jpg
こんな配置にしてみることにしました。
Capelのピンクが主張してしまうかな、とも思いましたが、いい具合に落ち着いています。

フレームはそれほど重さはないので、画鋲で留めています。
でも、そのままでは“画鋲です!”と主張してしまうので・・・
1496193095523.jpg
私はいつもマスキングテープに助けてもらっています。
(左側が何もつけていない画鋲、右の4つがテープを貼ったものです。)
マスキングテープを小さくカットして貼ると、オリジナルのピンが完成。
私は茶系のマスキングテープを使うことが多いです。
茶系は木の素材と相性が良く、合わせやすいと思います。

1496193154544.jpg
ちょっと遠くからも1枚。
何もなかった壁が、ちょっぴり華やかになりました。
大好きなリバティが集まって、素敵な空間になりました^^


にほんブログ村

お試しセットは送料無料【INICコーヒーストア】

(→私が飲んでみた、INIC cofeeのレビューはコチラから)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック